沖縄県立八重山商工高等学校

機械電気科の最近のブログ記事

第13回令和4年度高校生ものづくり大会沖縄県予選溶接競技 大会結果報告について(ロボコン部より)

6/16、17と沖縄本島にある沖縄県工業技術センターで溶接大会がありました。

沖縄県の工業高校7校が出場し、N-2f種目を競いました。
団体戦、個人戦ともに出場しました。
団体戦、個人戦ともに9mm厚の平らな鉄板2つ用意しそれを溶接していく作品のできばえなどを競う競技になります。2つの鉄板を並べくぼみ(開先といいます)に真っ直ぐな溶接を15cmほど行います。同じ動作の溶接を上に重ねて3回行い、溶接した外観(見ため)、溶接で溶け込んでくっついているか、安全確認や作業工程はしっかりできているかをポイントに審査が行われます。団体戦は3名出場し3名の合計点で競います。また団体戦で作った作品は個人順位でも審査が行われます。個人戦では個人、団体で作成した作品の個人順位を審査されます。


最終結果の発表がありましたのでご報告します。

団体戦 出場チーム7校中 7位 メンバー 3年下地琉飛 (個人25位)

                       2年譜久嶺一真 (個人30位)

                     3年目仲立汰(個人7位)

個人戦 32名中  2年本村恵俊 (個人23位)   1年狩俣健太 (個人20位) 

本校としては数年ぶりの出場となる今大会でした、生徒たちも高校総体などあり準備期間が限られた時間で練習に励みました。本番では練習成果を発揮しようと集中し競技に臨んでいました。3年目仲立汰が落ち着いた作業で作品を完成させ中間発表では全体の6位と好成績でしたが最終発表では順位を1つ落とし7位でした。1年狩俣健太は全高校のなかで唯一の1年生出場を果たし、落ち着きながら作品を完成させ20位とこちらも好成績を残しました。次年度の大会も楽しみです。

 

 

第22回全国高校生ものづくりコンテスト沖縄大会[旋盤作業部門] 結果報告

去った6/2(木)・6/3(金)に本校にて大会が実施されました。

機械コース代表 2107新里貴竜 5位/10名中

        3114中山翔太 未完成

二人ともバレー部とバスケット部で高校総体も終わった直後で本番を迎える形であったため、練習時間の確保も難しいなか、部活の休みや土日を利用して練習に取り組んできました。更に今大会の課題は全国大会と同等の形状で、難易度も例年以上の難しさとなっていましたが本人達の努力の甲斐もあり、技術力を身に付けることができました。

二人とも最後まであきらめること無く丁寧に作業をすることができました。

また次年度に向けても頑張ります。応援ありがとうございました。

 

 

2年電気コース 高校生ものづくり大会電気工事部門 県3位!

ものづくり大会電気工事で2年連続入賞

2211田島寛太郎(石垣中) 3位入賞
2213富川翔三郎(崎枝中) タイムアップ
となりました。
田島さんは序盤からスピーディーに作業を行い、8名中2番目に早く仕上げる事が出来ました。
特に慌てる事もなく、日頃の練習の成果を充分に発揮し3位入賞する事が出来ました。
富川さんもいつもより数段早く丁寧に作業をしておりました。
完成まで本当に少しで、本人も悔しがってましたが最後までやって良かった、また来年頑張りたいと話しております。

本大会に向けて、毎日放課後練習に励み、コロナの影響で練習時間も限られた中で努力してきました。出場者中、時間内で完成させたものは4名のみという高難易度の課題でしたが練習の成果をだし優秀な成績を収めることができました。
両名は2年生でもあり、次年度はさらに上位を目指して頑張っていきます。

 

 

商業科・工業科に実習用装置が導入されました!

1.商業科3F「総合実践室」に「総合実践ネットワークシステム一式」(38台パソコンほか)

2.工業科

(1)情報技術科4F「コンピュータ実習室」「電子計算組織一式」

(2)電気コース2F「プログラミング室」「パーソナルコンピュータ一式」(42台パソコンほか)

(3)電気コース1F「電気工事室」「電気工事用実習盤」一式(7台+3台)

(4)機械コース1F「機械工作実習室」「立型フライス盤」一式(2台)

1.商業科に「総合実践ネットワークシステム一式」が導入されたことによって、「情報処理検定」「ビジネス文書検定」等の資格取得や静止画(ポスター)・動画の作品制作が期待できる。

2.情報技術科に「電子計算組織一式」が導入されたことによって、情報モラルやリテラシーを始め、IoT、3DCG、ビックデータの活用、各種アプリ開発などのプログラミング関連技術などや情報系各種検定及び国家資格習得が期待できる。

3.電気コースに「パーソナルコンピュータ一式」が導入されたことによって、各種検定、コンピュータ制御実習、及びプログラミング技術の習得等が期待できる。また、同コース「電気工事用実習盤」一式(7台+3台)では、盤面工事実習を通してものづくりコンテストでの上位入賞、電気工事士の資格取得向上、また、工事現場に必要な実践的な作業工程を身につけることで就職に繋げる。

4.機械コース「立型フライス盤」一式(2台)は実習の中核となる工作機械である。「3級機械加工技術士」の資格取得を目指すほか、実習授業で培った技術で生徒たちはスターリングテクノラリー、相撲・アイディアロボット、エコデンカー、ロボットアメリカンフットボール等の各種大会で優秀な成績をおさめ、全国大会に出場している。精度の高い加工ができる技術を習得できる。

'21エコデンレース大会報告

'21エコデンレース大会報告
12/19(日)大阪で行われた21'エコデンレース全国大会に、本校の機械工作部14名が参加しました。
エコデンレースは生徒が製作した電気自動車の性能を競う大会で、出場チームはモーター、バッテリーが同じという条件下で、車体の素材や形状などを工夫したり、運転技術を磨いたりしてコースの周回数を競います。
今大会の結果としては、62台中28位でした。
例年だと県大会で少しミスをしながらも全国出場権を獲得し全国大会には万全を期して臨んでいましたが、今年度は新型コロナウイルスの影響で県大会がなかったことや、慣れない寒さの中での全国大会でトラブルやミスが多発してしまい悔しい結果に終わってしまいました。
けれども、生徒達はコロナ禍での部活動の時間規制やスターリングテクノラリー大会への参加などで苦しい状況の中、早朝6時からの試走や商工祭後の活動など、精一杯頑張ってきたということです。
次の世代の活躍の場を創りあげた三年生の皆さん、指導された先生方、お疲れさまでした。
  

第25回全国スターリングテクノラリー大会

第25回全国スターリングテクノラリー大会
空気の膨張と収縮の力で動くスターリングエンジンの性能を競う第25回スターリングテクノラリーが
11月13日(土)に開催されました。
全国スターリングテクノラリーのスピードクラスで、全国から集まった工業高校・高等専門学校・大学生が参加する中、
本校の機械工作部が優勝・準優勝・3位(2チーム同タイム)の入賞を果たしました!

生徒たちはコロナの影響で活動時間が制限されている厳しい環境の中、本業のエコデンカーの製作をしながらのスターリングカーの制作を頑張ったということです。
素晴らしい快挙を達成しました!おめでとうございます!

学校紹介動画

八重山商工学校紹介動画

2021/11/15学校紹介動画ができました。

随時、更新・メンテナンスを行っていきます。

学校紹介リーフレット

令和3年度の学校紹介リーフレットです。

下記リンクよりご覧下さい。

 

令和3年学校紹介リーフレット.pdf

Tel:(0980)-82-3892 Fax:(0980)-83-1506

第14回スターリングテクノラリー沖縄県大会結果報告

第14回スターリングテクノラリー沖縄県大会準優勝!!
第14回スターリングテクノラリー大会に本校より機械工作部14名ロボコン部5名が参加し、
機械工作部の「ぱいーぐるJACK」がスピードクラスで準優勝しました!!
各部のマシンも「ぱいーぐるBLUE」6位、「ちょんちょん」9位、「孫孫」11位と
いずれも上位に食い込み、好成績を修めています。
大会では、各出場校がそれぞれ2回ずつ競技を行い、厳正な審査で順位を決定します。
商工はスピードクラスで1位・3位・5位と好成績を残していましたが、わずか2/100秒差で惜しくも美里工業のタイムに届きませんでした。
コロナ禍の限られた時間の中、スターリングテクノラリーカーの開発・改良に取り組んだ制作陣。
 
素晴らしい結果を残してくれました。おめでとうございます!!

全国高校生ものづくり沖縄大会!

令和3年度全国高校生ものづくり沖縄大会 優勝!!

(電気工事部門)

令和3年度全国高校生ものづくり沖縄県大会が行われました。

全国高校生ものづくり大会は高校生による工業技術・技能を競う大会で、

本校から3年生の仲新城颯人君が電気工事部門に出場し、見事優勝を果たしました!

仲新城君は、7月に行われる九州大会に沖縄県代表で出場予定です。

応援、よろしくお願いします!

メインページ | アーカイブ | 情報技術科 »